フリーランスや自営業ならではの苦労を教えて下さい

最近やたらとフリーランスという言葉を聞きます。自営業や個人事業主をかっこ良く言い直した言葉らしいですけれども、そんなに個人事業主ていいことばかりなんでしょうか。聞いていると自由があっていいとかストレスフリーだとかいいことばかりを聞きます。

逆にフリーランスになって個人で仕事をしている自営業の人は、どういう苦労があるんでしょうか。本当に全く苦労がないということなんてありうるんですか?お金に苦労したりとかしていないんでしょうか。

お金に苦労して借り入れできないということは多々ある!

フリーランスや自営業の人が自由で仕事をしやすいというのはそのとおりだと思いますけれども、それがいいか悪いかというのはまた別の話であり、かつお金に苦労しているという話は少なくないのです。実は消費者金融やカードローン、クレジットカードから住宅ローン、その他お金にまつわることでは自営業の人はかなり苦労をしています。

例えばですがこういうことがあります。いいなと思った銀行のカードローンを申し込もうと思ったら、自営業だからということで断られてしまったということ、そしてクレジットカードをつくろうと思ったら審査で通らなかったということがあります。自営業で働いていて、食べるのには困っていないような人でもこういうことはありうるのです。

なぜか、それは自営業という立場が非常に低いものとされているからです。今のところ自営業だからということでクレジットカードやカードローンなどを発行しない所は大手から中小の業者まであります。そしてそれが当たり前のようになっているのです。いわばだいたいパート・アルバイトくらいの信用しか社会的にはないのです。

よほど大きな売上があるとかであればまた別の話ですが、普通に自営業、フリーランスで食べていけるくらい、サラリーマンと同じくらいの稼ぎしかないような人はかなり社会的な信用は低いので、お金の面で苦労をするんじゃないかと思います。こういうことはあまり宣伝されていないですが、よくある苦労ですからわかった上で独立するほうが望ましいでしょう。

自営業者はクレジットカードを作るのに苦労するというのは本当か

自営業者の人はクレジットカードや銀行のカードローンと契約しようとする際、審査で苦労するとよく言われます。これはなぜかというと、会社員と比べて、収入の面で不安定だと判断されることが多いからです。たとえば、会社員の場合は固定給というものが存在していて、毎月、一定額の収入を必ず得ることが出来ますが、自営業の場合、客の数などによって収入が左右されてしまうので決まった収入というのが存在しません。

場合によっては、赤字ということもあり得るので、そういった面で不安定と言えるのです。また、ボーナスや退職金といった一時金もないというのが、審査ではマイナスとされてしまいます。ただ、自営業だからカードローンの審査に通らないかというと、そうではありません。たとえば、去年はこれだけの収入があり、今年も同じペースの収入があるということを証明出来れば、カードローンやクレジットカードの審査に通ります。

では、現在、会社員でカードローンの契約をしておらず、これから退職して自営業者になるという場合はどうでしょうか。このようなケースでは、会社をやめる前に契約をしておくといいです。というのは、会社員と自営業を比べると、やはり、会社員の方がカードローンやクレジットカードの契約をしやすいからです。申し込む際は、現在の立場で申し込むことになるので、職業は会社員ということで問題ありません。

退職後、自営業者になってから、勤め先などの変更届を貸金業者に対して行うといいでしょう。ホームページを通じて行うのが楽です。職業が切り替わったからといって、契約が無効になるということはありません。会社員時代に作ったカードをそのまま利用出来ます。そのまま使い続けて、返済の滞納などをしなければ、カード更新時も更新が見送られることはなく、新しいカードを発行してもらえるでしょう。会社員でなくなれば、やはりカードを作るのは大変なので、滞納は出来るだけしないようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【申し込んで良かった!】神奈川県在住の方の為の消費者金融紹介 All Rights Reserved.