住宅ローンに通帳コピーを求められることってありますか?

私、ちょっと噂を聞いたんですけれどもこれって本当なのでしょうか。あるところの銀行で友人が住宅ローンの本審査をする時に通帳コピーを求められたと聞きました。通帳コピーなんて本当に求めるような銀行はあるんでしょうか。そういうのって個人情報ですし、あんまり強要するようなものではないと思うのですが…

そもそもこの通帳のコピーってなんで必要なんでしょう。それだけどれだけの貯蓄があるかなどを知りたいってことなんでしょうか。

定期的に安定した収入があるかどうかを通帳コピーで判断する

普通仲がいい人ですらも通帳コピーなんて見せるようなものではありませんから、通帳コピーを見せることには抵抗があるというのはよくわかりますが、住宅ローンでは本審査の時にどうしても提出しなければならないものの一つになっているところが多いでしょう。これは単純に興味があって提出してもらうとかそういうものではなく、ちゃんと返済出来るだけの金額を毎月稼いでいるのか、それを判断されます。

残高確認を直接銀行が行うということも出来るのでしょうが、それは個人情報的に問題なので、提出という形をとっているのでしょう。通帳コピーでちゃんと頭金を払えるのか、30年以上に渡るローンを支払えるのか、数年間はどの程度の給料の増減があるのか、浪費癖はないのかなどを見ているのではないかとされています。結果的にこれが原因で借り入れができたり出来なかったりもするようです。

通帳コピーを見せるということに抵抗感がある人もいるでしょうが、できるだけ見せるようにしましょう。ここで断ってしまって審査ができないとか、審査はできるけれども不利になってしまうなんていうことになれば、自分が結果的に損をすることになります。そうならないためにもまずは相手の言うとおりに従ってください。

通帳コピーを見せなければならないローンというのはおそらく住宅ローンくらいのものですから、一度審査に通ってしまえば後は好きな様にすればいいでしょう。噂で聞いたということでしたが、その噂は本当ということになります。

住宅ローンの審査で通帳コピーを提出する理由とは

住宅ローンの審査を受けるときには、通帳コピーを提出しなければならないことが多いです。別の銀行を使っているのなら提出しなければならないのも当然のように思えるのですが、すでにメインとして使っている銀行で住宅ローンを組むときに、わざわざコピーをとって提出しなければならないというと、少し不思議に思う人もいるでしょう。

勝手に講座の情報を見てもらえば良いようなものなのですが、これも個人情報となりますから勝手に見ることはできません。そのために、わざわざ通帳のコピーの提出を求め、それによって中身を見ることに同意したということにしているわけです。これが一つの理由です。

もう一つは保証会社の関係があります。その銀行だけで借りるのであれば問題はなさそうですが、保証会社を利用するときには保証会社に対して書類を提出しなければなりません。保証会社は銀行とは別の会社ですからそのためにコピーが必要になるとも考えられます。

通帳コピーが何に使われるのかというと、これには二つの理由があります。自己資金が十分にあるのかということと、給与振り込みの金額が安定しているかどうかと言うことです。この二つは、融資の審査では大事なものとなってきますが、通帳を見ればすぐにこれを確認する事がでいきるのです。

自己資金についてですが、変な資金移動があると疑われる可能性はあります。住宅ローンを組むために、一時的に資金を移動させているだけではないかと思われてしまうこともありえるでしょう。ですから、住宅ローンの審査のために口座をまとめておくというのは、どちらかというと逆効果になる事が多いと言えるでしょう。

給料についてですが、源泉徴収票の写しなどを提出しているわけですから、金額については角に済みだと言えるでしょう。給与がきちんと振り込まれているのかどうかを確認するという意味で、通帳のコピーが必要とされます。念のための確認だと考えておくのが良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【申し込んで良かった!】神奈川県在住の方の為の消費者金融紹介 All Rights Reserved.